第3回 相続の開始~人の死亡

 相続は、人の死亡によって開始します。

1 人の死亡の意味
 
  近年は医療技術が発達し、どの時点で人が死んだことになるのか、問題になることがあります。

  例えば、「脳死は人の死か」というような問題です。

  人の死亡は、原則 心肺停止 と考えて結構です。

  大部分のケースは、これだけ覚えておいて頂ければ大丈夫です。

但し、臓器移植法(平成9年成立、平成21年改正)が適用される場合は、同法でいう「脳死」の時点で「死亡」となり、相続が開始します。 


★ 以上は、通常の人の死の場合です。
  つまり、目の前で、(心肺停止にしても、脳死にしても)人が死んだことが確認出来た場合です。
  
  人が死んだことが確認出来ない、かといって、生きているとも思われないような場合に、次の制度(「認定死亡」「失踪宣告」)があります。
    

2 認定死亡(戸籍法89条)

「水難、火災その他の事変によって、死亡したことが確実視される場合」には、遺体が確認出来なくても、その人が死亡したと推定して、相続が開始します。

 ただし、その人が生きて現われた場合などは、認定死亡が取消され、(一旦は開始したように見えた)相続も開始しなかったことになります。

3 失踪宣告

  一定期間以上、 生死不明の場合です。
  利害関係人(子など)が家庭裁判所に申立て、家庭裁判所が失踪宣告(民法30、31)をすれば、生死不明の人は死亡したものとみなし、相続が開始します。
  
  ただし、失踪宣告がなされた後に、その人が生きて現われた場合などは、家庭裁判所が改めて宣告をすることによって、失踪宣告が取消され、相続も開始しなかったことになります。

                      文 弁護士 村上英樹(神戸シーサイド法律事務所
[PR]
by hideki1975da | 2011-09-20 15:55


誰にでもわかる平たい言葉で、相続法を解説するブログです。 神戸シーサイド法律事務所所属 弁護士村上英樹


by hideki1975da

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
未分類

外部リンク

検索

以前の記事

2012年 12月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月

最新の記事

もくじ
at 2012-12-31 14:59
第26回 遺留分(4)~遺留..
at 2012-03-21 19:28
第25回 遺留分(3)~遺留..
at 2012-03-09 18:27
第23回 遺留分(1)~遺留..
at 2012-03-05 19:12
第24回 遺留分(2)~遺留..
at 2012-03-02 17:56

メモ帳

ライフログ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧